東葛地域第一号

市民発電所の来春稼働に向けて

 「自然エネルギーをすすめる我孫子の会」が基本計画の立案・制度設計を行い、その提案をうけて「一般社団法人あびこ自然エネルギー」が進めている東葛地域第一号となる市民発電所の計画が具体化してきました。
 市民発電所は、我孫子市内湖北台にある「NPO法人木の子クラブ我孫子ひの木」の屋根面を活用し、令和3年4月発電開始を目指しています。
 事業費として皆様の志の“志金”を募ることを計画しています。取り組みの趣旨をご理解いただき、ご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。

 【事業概要】
・発電所名:木の子クラブ我孫子「ひの木」
・事業実施場所:千葉県我孫子市湖北台3-4-7
 NPO法人木ノ子クラブ我孫子「ひの木」(障害者施設) 
・定格発電容量:11kW
・設置費用:292万円(その他付帯設備費など58万円)
・販売先:NOP法人木の子クラブ我孫子及び東京電力(FIT活用・・・余剰電力売電)
・事業開始予定:2021年4月 
・事業終了予定:2036年4月
・事業期間中の総発電量推計:約22万kWh
・事業期間中の売電総収入推計額:約400万円
・資金調達方法(所要資金350万円):寄付及び無分配出資

関連記事一覧